HOME発達障害の子育て教育体験記

うちの子は他の子と違うのかしら…


うちの子は他の子と
違うのかしら…



次第に分かっていく我が子の異変
「うちの子は他の子と違うのかしら…」


それを、はっきりと香織さんが
認識しはじめたのは勇気君が3歳を過ぎたころです。

幼稚園の先生からの一言がきっかけでした。

「勇気くん、ときどきお話がまったく
耳に入っていないような行動を取るときがあるんですよ…」

先生の話によれば勇気くんは幼稚園のなかでも、
周りのお友達とはあまり遊ぶことをせず

いつも一人でお気に入りのキャラクター人形で
遊んでいることが多いということでした。




もしも、あなたのお子様が…

発達障害で悩んでいるのなら、
どうぞこの手紙を一字一句
ゆっくりと読み進めてみてください。

あなたやあなたのお子様の発達障害が改善され、

ストレスのない幸せな人生を
歩んでいただけることと思います。



 発達障害で悩む必要はありません…≫



岩沢祐樹の発達障害児の子育てプログラムはこちら

今は時間がない、あとでもう一度読みたい方へ

あなたのメールBOXにURLを送信いたします。
時間があるときにじっくりお読みください。


Eメールアドレス