HOME発達障害の子育て教育体験記

3つのポイントを使って接する


3つのポイントを
使って接する



香織さんは自分が思っていた
発達障害への認識を改め、正しい知識の理解を得て、
みるみる立ち直っていきました。


まず香織さんには、いままでの発達障害への認識を改め、
家族へも同様に発達障害がどういうものなのか?

また発達障害児と、
どう接していくことが良いのかを話しました。

そして根気よく勇気くんを良い子にするために
3つのポイントを使って接するようになったのです。


それらの発達障害を持つ子供への接し方は驚くほど簡単なもので
勇気くんのおねだりで困ることが次第に減っていき、

家族からの発達障害への見方も変わり、
ご主人との理解と協力も再び得られるようになり、
すべてが見違えるほど上手くいくようになったのでした。



もしも、あなたのお子様が…

発達障害で悩んでいるのなら、
どうぞこの手紙を一字一句
ゆっくりと読み進めてみてください。

あなたやあなたのお子様の発達障害が改善され、

ストレスのない幸せな人生を
歩んでいただけることと思います。



 発達障害で悩む必要はありません…≫



岩沢祐樹の発達障害児の子育てプログラムはこちら

今は時間がない、あとでもう一度読みたい方へ

あなたのメールBOXにURLを送信いたします。
時間があるときにじっくりお読みください。


Eメールアドレス