HOME発達障害の子育て教育体験記

どういう教育してんのかしら…


どういう教育してんのかしら…


ある日、いつものように買い物へ行くと
当然のように勇気くんのおねだりが始まりました。


香織さんはうんざりとしながら
勇気くんをいつものように注意していました。
そのとき香織さんは周りの人の目に気づいたのです。

「……どういう教育してんのかしら……」
ヒソヒソと話す声が聞こえたような気がしました。


声のほうへと目をやるとまるで蔑むかのような視線が
香織さんへと向けられていたのです。

『なんで…なんで…』
香織さんの中で何かが弾け、思わず叫びました。

「なに見てるんですか!!!見世物じゃないんですよ!!!
うちの子は発達障害なんです!仕方ないでしょ!!!」


香織さんは涙を流しながら
勇気くんを抱きかかえてお店の外へ出たそうです。



もしも、あなたのお子様が…

発達障害で悩んでいるのなら、
どうぞこの手紙を一字一句
ゆっくりと読み進めてみてください。

あなたやあなたのお子様の発達障害が改善され、

ストレスのない幸せな人生を
歩んでいただけることと思います。



 発達障害で悩む必要はありません…≫



岩沢祐樹の発達障害児の子育てプログラムはこちら

今は時間がない、あとでもう一度読みたい方へ

あなたのメールBOXにURLを送信いたします。
時間があるときにじっくりお読みください。


Eメールアドレス